2013年03月30日

町ねこ通信 31号

お知らせ

「ながさき町ねこハンドブック 2」を発行しました

image002

昨年発行しました「ながさき町ねこハンドブック」よりもさらにバージョンアップしています。ねこ調査を教えていただきました山根先生から、「日本は勿論のこと、海外でもこのようなハンドブックはないでしょう。世の中を変えてゆく力を持ったハンドブックだと思います。」と身に余る言葉をいただきました。

希望者には無料にて配布します。(在庫がなくなりしだい配布終了)

配布場所:長崎市市民活動センター内 長崎伝習所事務局(〒850-0022 長崎市馬町21-1/TEL:095-829-1125)

遠隔地の方には郵送費を負担していただければお送りします。ブログのフォームからお申込みください(ご住所、お名前、必要な部数をお知らせください)。

 

平成24年度長崎伝習所まつりが開催されました

日程:2013年3月20日(水・祝) 11:00〜16:00
会場:ベルナード観光通り

長崎の町ねこ調査隊塾のブースでは昨年と同じく

  • 町ねこクイズやカリカリのグレード当てクイズ
  • 小町ちゃんぬり絵や町ねこカルテのワークショップ
  • 町ねこの写真と短歌の展示

など、子どもからおとなまでたくさんの人に楽しんでいただきました。景品のねこクッキーやねこシール、ねこ写真はすべてなくなってしまうほど大好評。ねこ耳を付けた塾生たちに、道行く人も思わずニヤリ。「ながさき町ねこハンドブック 2」も300部配布しました。ステージでの「町ねこクイズ」は、写真あり、動画あり、えっえっーと驚きのトリビア問題ありとクイズの回答者だけでなく、観客のみなさまも巻き込んでのにぎやかなイベントになりました。伝習所まつりに来ていただいたみなさま、ありがとうございました。

image003

伝習所まつり会場にて、田上長崎市長に「ながさき町ねこハンドブック 2」を贈呈しました。

 

終わりに

1週間ほど前のこと、長崎に住むある1匹のねこさんが車の天井で気持ち良くお昼寝していました。すると何やら音がして急に揺れ出し、降り落とされないように必死でしがみつくうちに、いつしかぜんぜん知らないところへ来ていました。ねこの飼い主さん一家は、思いつく限りの方法を使ってねこを探しましたが、見つかりません。ねこネットワークの人たちもツイッターやFBなどで呼びかけました。ご近所の人たちも口コミで協力してくれました。しかし、手がかりすらなく、飼い主さんは眠れない夜が続きました。

そして1週間が過ぎた深夜、件のねこさんはすっかりやせた姿ではありましたが、けがもなく無事にわが家へ帰還しました。どこまで行っていたのか、どうやって帰ってきたのか、インタビューしたいところですが、いかんせん、私はねこ語がわかりません。それにしても、遠くから家に帰ってくるねこの能力はすごいですね。

飼い主さんはすぐに迷子札を付けてあげたそうです。みなさん、いつ何が起こるかわかりません。愛するねこさんには必ず迷子札を付けてあげましょう。そしてドライバーのみなさま、車に乗る前には前後左右だけでなく、天井のチェックもお忘れなく!

image004

無事に帰還したグー君。

posted by machineko at 14:50 | Comment(0) | 町ねこ通信
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: